化粧下地の使い方 の記事一覧 | 肌のくすみやしわを化粧下地でカバーするファンデーションやアイベースなどのテクニックなどを紹介

悩み別?化粧下地の使い方
ribbon

インテグレート エアフィールメーカーのおすすめ使い方!

14E9613F-0A42-4CB7-BA61-660AFC5F10FB

インテグレート エアフィールメーカー

私が愛用しているエアフィールメーカーはぴたっとフィットして崩れにくく、さらっとした着け心地がお気に入りの化粧下地です。
購入してみようと思った理由は、黄ぐすみも防いでくれそうなパープルのカラーコントロール下地だったこと。
時間が経つに連れて顔色が暗くなるのを防いでくれるパープルに期待を込めました。
そして何よりも失敗しても別にいいかな、と思えるプチプラコスメだったので、発売日に迷わず購入した化粧下地です。

おすすめの使い方

朝の洗顔後、いつも通りに化粧水、オイルでお肌を整えます。私は乾燥肌なので朝でもしっかり保湿をしています。
余分な油分をティッシュオフした後、エアフィールメーカーを中指の指先に小豆大くらい取って、?に3点ほど置いてからすっと伸ばしていきます。
とても伸びがよくさらっと馴染んでいきます。足りなくなったらまた少し指に取り伸ばしてを繰り返して厚塗りにならないように、特に鼻やおでこは薄めに伸ばしていきます。これだけで肌の色がぱっと明るくなって、薄めのシミなども綺麗にカバーしてくれます。

ファンデーションは日によってパウダーだったりリキッドを使い分けていますが、どちらでもぴたっとフィットしてくれ相性が良かったです。
下地を変えただけで同じファンデーションを使ってるのに、いつもよりワントーン明るい肌に仕上がります。
でもメイクの崩れ方も気になりますよね?メイク仕立ての肌は綺麗なのは当然!

エアフィールメーカーはと言うと、夕方になっても汚い崩れはなく、脂分の多い小鼻やTゾーンが少しテカっているかな?というレベルです。
軽くティッシュオフをしてパウダーを薄くのせれば、朝とほぼ同じ仕上がりになって感動でした。
ただ、着け心地はさらっとしていてストレスを感じることはなかったものの、乾燥肌の場合は時間が経つにつれて乾燥するような、少し重たいかな?と感じるかもしれません。

それでもっと違う使い方はできないかと思って試してみたのが、エアフィールメーカーをアイシャドウベースとして使う方法です。
いつもクリーム状やリキッド状のアイシャドウをベースにしてアイシャドウを重ねていくのですが、それだとどうしてもラメ感やパール感が出てしまって、マットなアイシャドウを重ねると思ってたメイクと違っていた!なんてことが時々ありました。

けど、このエアフィールメーカーをアイシャドウベースに仕込むと、マットなアイシャドウがマットな質感のまま、より綺麗に発色してくれます。
これもまた感動!
エアフィールメーカーにはラメ感やパール感のあるものが入っておらず、ふわっと仕上げてくれる化粧下地なので、まぶたのくすみを緩和してさらっとしたベースを作ることができます。
そこに重ねるアイシャドウはぴたっとフィットするので、夜まで綺麗に発色してくれてアイメイクを直さず過ごせます。
エアフィールメーカーを購入したら、化粧下地だけでなくアイシャドウベースに使う方法を絶対に試してみてほしいです。

化粧下地の使い方 | 12月10日更新
ribbon

すっぴんに近い仕上がり:インテグレード ミネラルベースCC

IMG_3275

実家の家の近くのドラッグストアで買えるお手頃価格の化粧下地を探していました。
特にこの化粧下地といったメーカーにこだわっておりませんでしたが、値段とパッケージに書いてあった宣伝文句でこの商品の購入をしました。
パッケージには、多偏光パール効果でくすみ、にきび跡、くまを自然にカバーと書いてありました。
また、オールシーズン使用OKだったのと、紫外線防止(SPF30、PA+++)効果があったのも魅力的でした。

さっそく商品を買って、家に帰りわくわくとパッケージを開けてみると、きれいなピンクベージュ色の液体が出てきました。
肌のトーンアップ効果がありそうと、さっそく使ってみたところ、実際に使ってみた最初の印象は「軽すぎる」の一言です。
これ一つでメイクを完了する人はいないと思いますが、この商品のみだとナチュラルメイク以上のナチュラル仕上げになります。

紫外線効果があるので、このベースを塗り、パウダーをのせただけで、出かけられるとは思いますが、ほとんどカバー力がないため、すっぴんに近い仕上がりとなります。
早朝や深夜の近所のコンビニやゴミ出しなどあまり人に出会わない時間帯で、近い距離のお出かけならいいかもしれませんが、遠出のおしゃれをしてのお出かけには、これ1本では相当すっぴんがきれいな人ならともかく、私のようにしみ・そばかすがたくさん顔にある人には全くおすすめできません。

ずぼらな性格なため、普段からあまりしっかりとメイクをする習慣がないのですが、このナチュラルベースにからんだ苦い経験があります。
つい近所のゴミ出しの感覚で、このベースメイクとパウダーのみで、電車に乗り、新宿まで大学時代の友人とランチをするために出かけました。
ランチの場所は、オフィス街のおしゃれなイタリアンレストランでした。

約束の場所で出会った友人が、私の顔をまじまじと見ます。
何かついてるかなと思い、聞きましたが、答えてくれません。
レストランの座った席も最も行けない位置でした。
光が当たる、窓際です。
話しははずむんですが、やはり、いつものように私の目をしっかりと見て、話してくれません。
どうしたのだろうと聞くと、いや別にと一言。
何か隠してる印象を受けた私は、友人ならはっきりと言ってほしいと伝えました。
そうすると、言いにくそうに、「今日はノーメークなの?」と聞きました。
このときになって、いつもの手抜きバージョンのベースメークとパウダーで済ましていたことに気がつきました。
朝の家族の見送りで大忙しだったため、あとで手抜きバージョンメークを直し、自分が出かける前にファンデーションを塗り、しっかりと化粧直しをするつもりでいたのですが、すっかりと忘れたままでした。

私はシミ・そばかすが多いため、すっぴんで人様の前に出るのがとても恥ずかしいんです。
穴があったら入りたい気持ちをおさえ、まずはトイレに駆け込みました。
鏡で自分の顔をチェックしたときに愕然。
やはり、ほぼノーメーク同然の自分がうつっていました。
出かける前にちゃんと身だしなみチェックをしない私のような女性は少ないとは思いますが、この商品はあくまでも、化粧下地なので、この上に必ずファンデーションを塗ることをおすすめします。

化粧下地の使い方 | 11月28日更新
ribbon

キレイに見える化粧下地:マキアージュ化粧下地

image

マキアージュを愛用する理由

美容液が入っており、長時間肌の乾燥を気にせず使用することができるから。
ファンデーションのノリがよく、長年にわたってリピートしているので他の化粧下地を使って肌が荒れたりするのが嫌だから。
CCなので、化粧下地だけでも肌の色が整うから、簡単なメークで済ませたいときは化粧下地のみでパウダーをしてベースメイクができて手軽だから。
他のメーカーより安価でなじみがよく、べたつかないから。
オールシーズンつかえるから。

実際に仕様した感想

本当に、肌になじむのかな?というのが本音でした。
たくさん使って肌を誤魔化すことが[化粧]なのかな?と半信半疑でした。
でも、マキアージュのスキンケアベースはつけた瞬間から本当に肌によくなじむ感じがあって、くすんでいた肌の色が良くなったように見えました。
化粧下地だから、この上にパウダーファンデーションでもリキットファンデーションでも乗せられて肌をきれいに見せられる!!化粧下地ってべたつくイメージが強かったけれど、この商品はそんなことなくて、すごくつけごごちもよかったです。
クレンジングもクリームのクレンジングで私は普段ケアするのですが、するっとおちて残らないからごしごしこすることなく、肌を傷めることもありませんでした。
前まではオイルクレンジングで化粧を落としていたので肌が荒れて乾燥がひどくなって、肌が荒れると少し気持ちが萎えておりました。

私が化粧下地でよかったな、と思う点は以上ですが、肌が黒い人には化粧下地だけでは白く浮いている印象を与えてしまうかもしれません・・・。
これは裏を返すと化粧下地の入れ方で肌の凹凸がつけられて、シェービング効果もあり小顔にもなれたりするのかな、と思っています。
私は発色が悪いので、赤味を加えるように下地を利用しているけれど、逆に肌を落ち着かせるものもあるし、乾燥を防ぐしっとり系のものもあって、肌のコンディションによって選べるのかな?と思います。
肌に直接触れるものだから、負担はできるだけかけることがなく、肌の調子もよくなり、またきれいに見えるこの化粧下地は本当におすすめです!!!

化粧下地は毎日使うものなので、効果もよくて少しでも安く利用したいのが本音ですね。
だから、この商品だと毎日使ってもだいたい半期くらいもつので、コストパフォーマンスがとてもよいと思います。
毎日使うものだからこそ、これだけ効果があって長く利用できるのは正直いい商品かな?と思います。

隠す化粧ではなくって、今の素肌をより美しく魅せる化粧、っていう感じで楽しく化粧をすることができるから、面倒くさがりの私でも化粧をさぼることなくきちんとメークをして職場に行くようになりました。

化粧品で人の印象が変わる、とはいいますが、化粧を続けると肌や見た目がきれいになれるのは女性として美しくなりたいと思えるのかな、という意味では化粧が楽しみの人る、そんな当たり前だけどちょっと頑張ろうとする女性を後押ししてくれる商品だと思います!

化粧下地の使い方 | 11月14日更新
ribbon

セザンヌ の化粧下地はテカりにくい

image (5)

暑くなる夏場で、化粧崩れが気になり、皮脂テカリ防止の化粧下地を探していたところ、口コミでセザンヌの化粧下地を見つけました。

まずは、お値段がとてもプチプラなので、手に取りやすく、長時間崩れにくいパウダーが配合されていると記入されていたので、購入を決めました。
また、日焼け止め効果もあるということで、朝の忙しい時間にサッと塗ってベースメイクを簡単に終わらせることができそうだと感じ、他のメーカーのものよりは少しお値段も安めのセザンヌに決めました。

私が購入したのは、自然なトーンアップ効果があるピンクページュを購入しました。
ライトブルーの方は自然な透明感とのことでしたが、私がドラッグストアへ行った時には、ピンクページュしか売っておりませんでした。

やはり人気商品なようで、ピンクページュも残りわずかというところで、購入できた次第です。

使用前に少し容器を振り、手の甲にのせた化粧下地は見た感じ、サラサラした印象を受けました。
今まで使用していたものは、よりクリームっぽく少し重たいような印象でしたが、セザンヌの化粧下地には、そのような感じが見られませんでした。

少量を指の腹につけ、頬に伸ばしてみると思っていたよりも伸びが良かったと思います。
塗ってからは馴染むように少しパッティングし、皮脂テカリ防止の下地なので、全体に使わずとも、気になるオデコや鼻など部分的につけても大丈夫な感じです。
私の場合は、全体的に化粧崩れを防止したかったので、部分的にではなく顔全体にぬりました。

化粧下地独特の匂いも、あまり気にすることなく他メーカーのと特に変わりはないと思います。
全体に化粧下地を塗った後、普段通りファンデーションを塗ったのですが、想像していたよりも下地のカバー力のお陰なのか肌が綺麗に見えました!

以前使用していたものとは、見るからに違う!
毛穴が見えづらくなったのは、ファンデーションだけのおかげではないと思います。

正直、化粧下地だけで、こんなにも見栄えが違うのかと驚きました。
ベースメイクを完成させた後、夏場のみ化粧崩れ防止ミストを使用しているのですが、セザンヌの化粧下地を初めて使った日はミストを使用せず、皮脂テカリの確認をしました。
朝一で化粧をし、昼頃に一度確認した時には目立った皮脂やテカリはなく、その時点で気分はルンルン!夕方ごろ再度確認してみると、やはりミストを使用していないからなのか、暑い中動き回っていたからなのか少しテカリが気になりましたが、他メーカーのと比べてテカリ出す時間は、使用し始めてからずいぶん遅くなったと思われます。
初回以降、ミストも併用していますが、途中でパウダーで気になる部分を少し直すくらいで、以前よりも化粧直しをする回数が減ったように感じました。

何よりも嬉しいのが、こんなに効果があるのにもかかわらずお値段がプチプラなこと!この値段なら万が一失敗しても、あまり後悔しないだろうなーという気持ちで手に入れることができるのは、とても嬉しかったです。
迷わずリピートしようと思います。

化粧下地の使い方 | 10月27日更新
ribbon

万能BBクリーム【マキアージュ パーフェクトマルチベース BB】

AE3662E4-A1D4-4E26-BFE9-6F2C55E3DD40

もともとクッションファンデーションにファンデーションを変えた時にカバー力が足りなかったので、もう少しお肌のカバー力を上げるために化粧下地を探していました。
しかしなかなか普通の化粧下地では私が求めていたカバー力が得られなかった時に、BBクリームやCCクリームの化粧下地を勧められました。
色々試しましたがこのBBクリームが抜群のカバー力でお肌にもとてもフィットしていたので、そこからずっとこの下地を愛用しています。

マキアージュにのBBクリームの感想は?

BBクリームなので下地としてのカバー力は抜群です。
ファンデーションを塗る前にこれを塗るだけで大抵のお肌のアラは隠せます。
毛穴・色むらなどを均一に整えてくれます。
仕事が休みの日などをこれ一本でも十分なくらいです。

BBクリーム自体、美容液・保湿クリーム・ベースメイク・ファンデーション・日焼け止め機能を兼ね揃えた化粧下地なのでこれ1本だけでかなり優秀です。
30代になるとファンデーションを厚く塗れば塗るほで化粧ずれがひどくなってしまうので、出来るだけファンデーションは薄く塗るだけにしたいです。
そんな方にはこのカバー力の化粧下地はかなりオススメです。

使用感はかなり良いです。
液状というよりクリーム状に近いものになります。
ですが硬すぎずかといって緩すぎずちょうど良いぐらいのクリームで肌の上での伸びも抜群です。
1回でパール粒1個分程度使用します。
これぐらいでちょうど顔全体に伸ばすことができます。
もう少しカバーしたいと思って多く塗ると、肌の上でよれてしまい逆に汚い肌に見えてしまいますので気をつけてください。

手に出したパール粒1個分のクリームを頬・鼻の上・おでこ・顎にのせて後は自分の手で軽くたたくような感じ伸ばしていきます。
最後に手のひらでハンドプレスしたら完了です。
ファンデーションを塗る時は、数分置いてから塗ることをオススメします。
お肌に下地がなじむ前にファンデーションを塗ってしまうとよれてしまうので、お肌の上で少し落ち着いてから上にファンデーションなりパウダーなりをのせてください。

私は一度別な化粧品でお肌が化粧まけを起こしたことがあるのですが、そんな私のお肌でも特に問題なく使用ができました。
今のところ肌荒れも起こしたことがありませんし、その他の肌トラブルも起こしたことはありません。

ほかのファンデーションとの相性も抜群です。
今までこの化粧下地で、リキッドファンデーション・パウダリーファンデーション・クッションファンデーションと3つとも使用したことがありますが、どのファンデーションでも問題なく使用することができます。

化粧持ちもかなり良いです。
この商品自体10時間化粧持ちとメーカーのサイトにのせているのですが、まさにその通りだと思います。
化粧直しもお昼に軽くパウダーをのせるだけで、頻繁には化粧直ししません。
テカる真夏でも、乾燥する真冬でも問題なく使用できるオールシーズン対応の万能化粧下地です。

化粧下地の使い方 | 10月12日更新
ribbon

リピートしている下地:ソフィーナ プリマヴィスタ > 皮脂くずれ防止 化粧下地

DmYpSC9U8AEtuix

私がこの化粧下地に決めた理由は、脂性肌でテカってしまうことがコンプレックスだったからです。
今まで皮脂崩れ防止下地という名のものはすべて使ってきましたし、試してきました。
ですが効果という効果を実感することができず、どうやってもテカってしまうので凄く悩んでいました。
そんな時にネットなどを見て凄くお勧めされていたのがこの商品で、一度試してみようと思いました。
使ってみると想像以上に効果が素晴らしく、リピートして使うことにしました。

夏にもおすすめ崩れにくい下地

私は脂性肌で、普通の化粧下地ではすぐにテカってしまったり、崩れ方が非常に汚くて、数時間でも鼻周りなどがぐちゃぐちゃになってしまうこともありました。
崩れ方が異常だったのでスキンケアかな?とも思いスキンケアを改善したりもしたのですが、それでも改善しなかったので下地から変えることにしました。
そんな時にこのソフィーナプリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地を知人から紹介され、使ってみることにしました。
ネットなどでも凄く良い情報しかなかったですし、期待もあり使用しました。

実際に使ってみると少量で凄くのびました。基本的にマットな質感なので私はスポンジで付けてあげていたのですが、手でも十分綺麗になじむと思います。
また使用してみた感じ、白浮きもしませんでした。私は肌がかなり色白ですが特に違和感もなく使用できました。
この化粧下地をつけた瞬間からつけた部位がサラサラ肌に変わるので、本当に最初は驚きました。
その上からファンデーションなどを重ねていくのですが、本当に仕上がりが綺麗な肌になってくれます。

本当に夏の時期にはもってこいです。今年はフェスや長時間外にいるテーマパークなどの際にしっかりと塗っていきました。
それでも小鼻周りなどが崩れることなく、綺麗なままを保ってくれています。
水にザーッと濡れてしまうことなどもあったのですが、それでもそこまで変化はなかったように思います。
凄く暑くて猛暑の時期でも、この化粧下地があれば私は安心できるので頼り切っていました。
どうしても朝から夜中まで1日通して化粧直しができなかったときがあったのですが、確かに鼻周りはテカってしまっていたのですが、それ以上に全く崩れておりませんでした。綺麗な崩れ方をしてくれるので、ティッシュオフをしてあげればそこまで気になりません。
なので本当に優秀だと思います。私のように脂性肌の人でも綺麗な肌のまま生活することができていたので、脂性肌に悩んでいる人にはお勧めしたいです。

ただ、注意点として全顔に使ってしまうと、少し乾燥が気になったので、本当に崩れが気になる部位にだけ塗ってあげるのがポイントだと私は思います。
そして使う前にはしっかりと保湿をしてあげることが大事になっています。
保湿をしてあげればそこまで乾燥は気になりませんでした。
私は結構肌が弱い方なのですが、使っていても全く肌に影響などはなかったですし、常にクレンジングと保湿を心がけていればしっかりといい状態で使えると思います。

化粧下地の使い方 | 09月24日更新
ribbon

優秀!ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地

プリマヴィスタ

20十年近く外資系のファンデーションや化粧下地、化粧水を使用していましたが、数年前から一斉にシリーズが撤退。
それから買い置き分を使え終え、ただいま主に国内メーカーの製品を次々試している最中です。
「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」は、パウダリーファンデーションを購入しようとした際に、美容部員さんに勧められて同時購入しました。
最初ピンンクのボトルであったためカラートーン効果のある下地(以前使用していたメーカーはそうでした)かと思うほど、商品知識があまりありませんでした。

崩れにくいことで有名!

ソフィーナ プリマヴィスタは、口コミでも化粧くずれしないことでダントツに有名なことは知っていました。
それと同時に、その強力な化粧崩れ防止が不自然で危険を感じるという口コミもいくつか見かけており、購入はともかく使用前は心が揺れ動きました。
私の肌は脂性敏感肌なのですが、脂で毛穴詰まりを起こしていた十代~二十代に効果的なお手入れができず、かなり毛穴が開いてしまっています。
今でも鼻の周りは脂浮きが激しく、汚れや皮脂が詰まってしまうため、毛穴の中で皮脂を固める成分が肌に負担がかかったり、クレンジングしても落ちにくく毛穴の中に残ってしまったりと良くないのではと危惧していました。

のため、ソフィーナ プリマヴィスタのパウダーファンデーションと 皮脂くずれ防止化粧下地を使用するのは、外を歩く時間を含む長時間外出する時や車の運転をして外出をする時用にしました。
皮脂くずれ防止化粧下地の使用感は、薄い乳液系ローションと言った感じで、つけたては思ったよりコッテリした張り付き感のある塗り心地がありますが、すぐにサラッと乾燥します。

夏の季節は常温でも洗顔後の皮膚はやや汗ばみますが、皮脂くずれ防止化粧下地を塗ったところは汗ばまずカリッとした乾燥感があります、
少々皮膚表面が堅く張りがっ出て、薄くコーティングしたような感じです。
この感じが人によっては、やや不自然に感じられるのかなあと思いました。
長時間使用した感じは、“本当に化粧崩れしにくい”です。
皮脂に強いだけでなく、汗にも強い感じです。
ウォータープルーフとは違いべたつかず、サラッとした使用感と仕上がりのため、猛暑の日に人と会う時など、お化粧崩れせず助かります。

大きなビル内の事務職であればここまで必要ない位ですが、通勤が長かったり、営業職や接客のある人はこういうファンデーションと化粧下地を使うと落ち着いて見えるため、楽だと思いました。

気になるクレンジングなどのお手入れですが、落ちにくいというほどの事はなく、他のファンデーションとそれほど変わりはありませんでした。
ただし、これまで使用していた製品のように皮脂や汗と完全に混じり合い、乾いたテッシュでもある程度落ちてしまうほど柔らかい汚れではないため、クレンジング材の量は多めに使用し、その後の洗顔も念入りにする必要があるとは感じました。

 毎日の使用なら、5月~10月位、それ以外のシーズンは外出時に使用したい製品です。"

化粧下地の使い方 | 09月11日更新
ribbon

オイリー肌も解消「ソフィーナ プリマヴィスタ」

IMG_1034a

秋冬は違うメーカーの保湿力の高い化粧下地を使っていたのですが、春夏にかけて皮脂分泌量が多くなり、小鼻周りなどが化粧崩れしやすくなったので、皮脂崩れ防止の効果が高いと言われている「ソフィーナ プリマヴィスタ」の化粧下地を選び、使用しています。
ドラッグストアで購入しましたが、大々的に陳列してあり、誰もが買いたくなる様な商品です。
毎年、私の夏の化粧下地は、「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止下地」これ1本です。
(さらに…)

化粧下地の使い方 | 08月04日更新
ribbon

憧れの美白になるための化粧下地

陶器のような白い肌は、女性ならば誰しも憧れるものです。
しかし現実はそう甘くは無く、理想の肌を持っている人はあまりいらっしゃらないかもしれません。
そこで少しでも美白になれる為にメイクを施していくわけですが、どういう風にしていけば良いのでしょうか。
(さらに…)

化粧下地の使い方 | 12月17日更新
ribbon

メイクの出来を大きく左右する化粧下地

メイクをする前に、化粧下地をきちんと肌に塗っているでしょうか。
朝の忙しい時期にメイクの時間を少しでも短縮しようと、化粧下地をせずに直接肌にファンデーションを付けている人も多いと思います。
しかし肌に直接ファンデーションをつけてしまうと、化粧載りが悪くなるだけでなく、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。
(さらに…)

化粧下地の使い方 | 12月17日更新