にきび肌の人のためのメイク方法 | 悩み別?化粧下地の使い方

悩み別?化粧下地の使い方
Home » お悩み別化粧下地のポイント » にきび肌の人のためのメイク方法
ribbon

にきび肌の人のためのメイク方法


基本的なメイク方法としては、洗顔して肌を整えた後に化粧下地をつけてファンデーションを施していきます。
健康的な肌をしているのなら問題ありませんが、にきびが出来ているのならば要注意です。
例え念入りにスキンケアをして化粧下地をつけていても、メイクののりが悪くなり、にきびが悪化してしまう恐れがあります。

では、どうやってメイクを施して行けばいいのでしょうか。
まずはいつも通りに洗顔した後、肌を整えます。
そして化粧下地と行きたい所ですが、にきびが出来ているのならば控えた方が賢明でしょう。
そのかわり保湿美容液をつけて、肌をガードしていきます。
そしてメイクする時もファンデーションではなく、フェイスパウダーを使うようにして下さい。
最近は肌に優しいファンデーションも数多く出ていますが、にきびに着けてしまうと悪化してしまいます。
フェイスパウダーだけではカバー力が無いと思うかもしれませんが、最近のものは中々侮れません。
中にはファンデーションよりもカバー力が優れているものもあり、想像以上の効果を発揮してくれる筈です。
ただそれでも不安であれば、にきびの出来ている個所を避けてパウダーファンデーションをつけていきましょう。

ただメイクするよりも、まずはにきびをしっかり治すのが先決です。
大人にきびの場合は大きなストレスによって出来るので、ストレスをしっかり解消していきましょう。
また食生活もしっかりと見直し、ジャンクフードやお菓子類を控える様にして下さい。
面倒と思うかもしれませんが、綺麗にメイクをするには綺麗な肌が不可欠なのです。