敏感肌の仕組みとオススメの化粧下地 | 悩み別?化粧下地の使い方

悩み別?化粧下地の使い方
Home » お悩み別化粧下地のポイント » 敏感肌の仕組みとオススメの化粧下地
ribbon

敏感肌の仕組みとオススメの化粧下地


少しの刺激で肌荒れを起こす、所謂「敏感肌」に悩んでいる人は多いと思います。
お陰で使えるコスメも限られてしまい、好きなようにメイクすることもままなりません。
しかし敏感肌だからとは言え、メイクを諦めろと言うつもりはありません。
化粧下地を上手く使えば、メイクも思いのままです。

そもそも何故「敏感肌」に、なってしまっているのでしょうか。
肌には元々外からの攻撃を防ぐ「バリア機能」が備わっています。
バリア機能の中枢を担っているのが、1番表面にある角質層です。
角質層はレンガのように積み重なっており、肌を守ってくれています。
また肌を守るだけでなく、自ら保湿も行っています。
スキンケアを行う際に「保湿をしっかりしましょう」と耳にタコが出来る程聞かされたと思いますが、角質層が上手く働いているのならば必要ありません。
しかし何らかの原因で角質層が上手く働かなくなると、保湿しようとしなくなります。
更にバリア機能まで失われると、少しの刺激でも肌荒れを引き起こしてしまいます。
これが敏感肌です。

敏感肌になると使用する化粧品をきちんと選ばなければ、大変なことになってしまいます。
もちろん直接肌にファンデーションを塗るのも、言語道断です。
その為にも化粧下地で肌をガードする必要がありますが、中には化粧下地でもダメージを受けてしまう人も多いでしょう。
化粧下地と一言で言っても色んな種類があるので、慎重に選ぶ必要があります。
もし出来るのならばテスターで試していただくのが1番ですが、難しいのならば保湿成分がたっぷり含まれているものを選ぶようにしましょう。