地黒と思わせない化粧下地の選び方 | 悩み別?化粧下地の使い方

悩み別?化粧下地の使い方
Home » お悩み別化粧下地のポイント » 地黒と思わせない化粧下地の選び方
ribbon

地黒と思わせない化粧下地の選び方


img031708

日本人女性は「ナチュラルで白い肌がもっとも美しい」と考える人の方が多いのではないでしょうか。
それ故に地黒であることをコンプレックスに思っている女性は、美白効果のある化粧品を使用して努力します。

しかし、人によってはまったく効果が出ない場合があり、本来楽しいはずのメイクもいつの間にかただの悩みでしかなくなります。

また、自分の肌に合ったファンデーションや化粧下地が分からず、その結果厚塗りになりメイクが浮いてしまい、かえって不自然になってしまいます。
そうなると、化粧そのものがまったく楽しくなくなってしまうのです。

化粧下地で透明感UP

ファンデーションの色だけで無理やり美白になろうとするのではなく、うまく化粧下地を使って透明感のある肌を目指しましょう。

十分な保水や保湿をすることは大切ですが、まずは紫外線対策を徹底すること。
夏はもちろんのこと、日差しが強い日は日傘などをさして肌のダメージを減らします。

また、下地をする前、日焼け止めの塗り忘れに気をつけましょう。

パール入りの下地がオススメ

メイクのベースとなる下地は、多少値がはってもパール入りの下地を使用することをオススメします。
パールが入っていることで、地黒の人でも肌が発光して透明感が生まれます。
華やかに見えるので自然と肌全体が明るく見えて印象もぐっと変わるでしょう。

パール入りの化粧下地を使用する場合は、まんべんなく顔に塗るのではなく、ハイライトを使用する時と同じで、ポイントによって使い分けます。
鼻筋や眉山周辺、頬や顎などは他の箇所より若干多めに塗ってメリハリを出すと角度によってより透明感を引き出すことができます。
仕上げのファンデーションもふわっと、肌に乗せる程度がベストでしょう。