化粧下地のひと工夫で潤いカバー | 悩み別?化粧下地の使い方

悩み別?化粧下地の使い方
Home » お悩み別化粧下地のポイント » 化粧下地のひと工夫で潤いカバー
ribbon

化粧下地のひと工夫で潤いカバー


img03

化粧の大切な基盤となる化粧下地。
人の肌質はひとりひとり違うので、デパートやドラッグストア、インターネットなどで販売されている下地の種類もさまざまです。
下地選びをする際、気になるポイントとして「カサカサにならないか心配」、「乾燥肌なので、化粧水や乳液で肌を整えたあとでも下地がムラにならないか不安」など、乾燥について心配している女性は数多くいます。

そこで、今回は乾燥を防ぐ化粧下地の選び方や、潤いをカバーする塗り方について紹介します。

肌質にあった化粧下地を選ぶ

まずは、肌質をチェックして、自分に合った下地に出会うことからはじめましょう。
自分の肌は水分や皮脂が多めなのか、少なめなのかで選ぶ下地もまったく違ってきます。方法としては朝起きた時に肌を触って確かめるのがベストでしょう。

水分量や油分量が多かったり肌がてかり気味の方は、オイルフリー処方されているものや油分が少ない下地を選ぶ一方で、カサカサで乾燥気味と判断した方は、保湿効果の高いリキッドタイプの下地を選びましょう。
代表的な保湿成分としてはヒアルロン酸やコラーゲンなどがありますので、購入する際は必ずチェックすることが大切です。

正しい化粧下地の塗り方

そして実際に塗る際は、普段愛用している美容液で良いので数滴下地と混ぜて使用してみましょう。
下地はくすみやシワや毛穴などを隠すために、大量に使ってしまいがちですが美容液を少し入れることでスーッと伸びて、少しの量でもムラなく自然に仕上がります。

また、下地のあとに塗るファンデーションもしかりですが、肌にゴシゴシ押し付けるのではなく、優しくなでるように塗ってあげると潤いもよりキープされて効果的でしょう。