肌のくすみをカバーするのはオレンジ | 悩み別?化粧下地の使い方

悩み別?化粧下地の使い方
Home » お悩み別化粧下地のポイント » 肌のくすみをカバーするのはオレンジ
ribbon

肌のくすみをカバーするのはオレンジ


実年齢よりも上に見られて、大人っぽい雰囲気になりたいという方も多いでしょう。
しかし中には実年齢よりも老けて見られてしまい、悩んでいる方も少なくありません。
実年齢より老けて見られる要素は様々で一概には言い切れませんが、肌の”くすみ”が引き起こしていることが考えられます。
では肌のくすみを無くすには、どういう風にメイクをしていけば良いのでしょうか。

肌のくすみをきれいさっぱり無くすには、化粧下地が重要な役割を果たします。
使うのは、オレンジカラーがベースとなっているものです。
また透明感を引き出したいのならば、ブルーカラーべースの下地もオススメです。
ただし血色が悪い人は、ブルー系はお勧めできません。
くすみが出ていると白系等の明るめの物を選びがちですが、かえってくすみが目立ってしまうので避けた方が無難です。
自分の顔色をよく観察して、ベストの化粧下地を選ぶようにして下さい。

化粧下地の使い方としては、適量を手に取り指で丁寧に伸ばして行きます。
最初に頬・額と面積の広い部分から塗っていき、最後に小鼻等の細かい部分を塗っていけば綺麗に仕上がる筈です。
そして化粧下地が終われば、いよいよファンデーションへと移ります。
ただシミやそばかすが気になるのであれば、オレンジ系のコンシーラーでカバーすれば問題ありません。

ただメイクで誤魔化すのは一時的にすぎないので、根本的な解決にはなりません。
肌のくすみそのものを治して行かなければ、本当の意味での”綺麗な肌”を手に入れるのは夢のまた夢の話になってしまいます。
くすみの主な原因は血行不良にあるので、体を温めて血行不良を改善していきましょう。