憧れの美白になるための化粧下地 | 悩み別?化粧下地の使い方

悩み別?化粧下地の使い方
Home » 化粧下地の使い方 » 憧れの美白になるための化粧下地
ribbon

憧れの美白になるための化粧下地


陶器のような白い肌は、女性ならば誰しも憧れるものです。
しかし現実はそう甘くは無く、理想の肌を持っている人はあまりいらっしゃらないかもしれません。
そこで少しでも美白になれる為にメイクを施していくわけですが、どういう風にしていけば良いのでしょうか。

美肌を目指すのであれば、やはり化粧下地は絶対に外せません。
色んな種類の物が出ていますが、紫外線対策に特化したものを選ぶようにします。
「美肌効果」をうたっている化粧下地もあるものの、シミは長年浴びてきた紫外線によるものなので効果はあまり期待できません。

重要なのは肌を白くするのではなく、肌を黒くさせないようにすることです。
その為にも紫外線を何とか防ぎたいものですが、完全にシャットアウトすることは出来ません。
例え曇りの日であっても外出せず1日中家の中にいても、紫外線は常に肌に降り注いでいます。
外出をしないのであれば日焼け止めクリームだけで十分ですが、外出する際には紫外線予防効果のある化粧下地を使う様にしましょう。

そして使い方ですが、まず厚塗りは厳禁です。
何とか紫外線を防ごうと多めに使いたい気持ちも分からなくはありませんが、肌に悪いのでおすすめ出来ません。
また顔だけが妙に浮いてしまうので、不自然になってしまいます。
最近の化粧下地はカバー力に優れており伸びも良いので、少量だけでも十分です。
化粧下地をまんべんなく肌に塗れば、ファンデーションへと移ります。
ただ美白にしたいからと言って明るめの色を持って来ては、浮いてしまうのが落ちです。
自然に馴染ませるためにも1トーン暗い色を選び、厚塗りになり過ぎないようにメイクして行きましょう。

化粧下地の使い方 | 12月17日更新